美容整形の有名病院と人気ランキング
美容整形の有名病院と人気ランキング

Qスイッチ・ルビ―レーザーの有名病院と人気ランキング

Qスイッチ・ルビ―レーザーの効果とメリット

Qスイッチ・ルビ―レーザーは、茶色や黒色の、色素性病変治療に対して、優れた効果を発揮します。メラニン色素に対して、ルビーレーザーは吸収率が良いのが特徴でもあります。Qスイッチ・ルビ―レーザーでの治療をすることで、シミやソバカスを除去する効果もあります。シミだけではなく、あざの除去にも効果があります。

Qスイッチ・ルビ―レーザーの有名病院と人気ランキング

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

Qスイッチ・ルビ―レーザーのデメリットと後遺症

美容整形で技術が低いドクターに当たってしまうと、デメリット・後遺症がおこりえます。代表的なものを列挙いたします。

腫れ|コーンが外れる|凹む|外反|持続期間が短い|皮膚がよれる|異物感|三白眼|しみになる|シワが改善しない|左右差|脱毛|傷跡|段差|神経損傷による麻痺|しびれる|笑った表情が不自然|白目や角膜の損傷|リフトアップ効果がない|ほうれい線のたるみやしわが残る|感染|化膿|傷口開く|火傷|むくみ|アレルギー|糸が出てくる|糸が透けて見える|違和感|突っ張り|引きつり感|フェイスリフトの禿げ|表情が無くなる|耳の変形

Qスイッチ・ルビ―レーザーの名医と医師選び

フォトRFを受けるならば、アンチエイジング治療への知識も豊富な名医を見つけるといいでしょう。光や高周波の治療になるので、照射設定も的確に行うことのできる名医に任せることで、失敗へのリスクもすくなります。

Qスイッチ・ルビ―レーザーのダウンタイムやアフターケアとメンテナンス

ダウンタイムのアフターケアでは、処方された軟膏を塗布して、専用のテープで保護をします。ダウンタイムの期間は、このアフターケアは重要なポイントで、テープは24時間のあいだ貼っておきます。毎日1回、入浴の跡などの肌を清潔にしたあとに、軟膏を塗布してテープを貼りかえましょう。10日ほどの期間をこのケアをしますが、そのあいだに茶色のかさぶたができますが、無理にはがさないことです。

自然にかさぶたが剥がれて、ピンクの皮膚が見えてきます。ここから肌色になるまで、しばらくの時間が必要です。数ヶ月ほどかかることがありますが、その期間はスキンケアをしっかりとしましょう。

Qスイッチ・ルビ―レーザーの料金・費用・値段の相場

Qスイッチ・ルビ―レーザーの料金は、サイズにもよりますが、1万円から2万円くらいです。サイズが大きいとか、数が多い場合は、それだけ料金もかかってきます。

Qスイッチ・ルビ―レーザーの修正地獄と失敗を避けるためには?

リスクとしては、日焼けには十分に気をつける必要があります。照射をしてダウンタイムがありますので、その間は保護をする必要があります。せっかく薄くするために照射をしたのに、シミ等を刻するようなリスクを与えないように、日焼け対策と保護をしっかりとしましょう。

Qスイッチ・ルビ―レーザーの有名・人気クリニックとは?

美容皮膚科などにも名医は存在します。名医の管理下の下、看護師の治療技術も高い病院を選びましょう。

肌に優しい治療といっても、リスクはゼロではなく、失敗は絶対ないとは言い切れないです。

Qスイッチ・ルビ―レーザーの症例写真

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

Qスイッチ・ルビ―レーザーの上手な医師・医者とは?

Qスイッチ・ルビ―レーザーで失敗をしないために、レーザーの名医のいる病院で治療を検討することです。シミの種類によってはQスイッチ・ルビ―レーザーでの治療は、逆効果になることもあるためです。

名医であれば本当にこれが必要な治療かが、判断もつきます。判断を誤って肝斑などに照射をしてしまうと、それは失敗の治療になります。なぜ失敗かというと、肝斑には適した治療があるためです。

Qスイッチ・ルビ―レーザーのお薦めの先生・病院ランキング

Qスイッチ・ルビ―レーザーでお勧めの病院としては、症例数が多く、いろいろな治療法をそろえているドクターをお勧めいたします。

Qスイッチ・ルビ―レーザーの効果・部位

Qスイッチ・ルビ―レーザーは下記の部位・お悩みに対して効果を発揮します。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 口元 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

The following two tabs change content below.
2万名以上のデータから美容整形の名医を認定しています。これから美容整形をお考えの方にとって役立つアドバイスをしていますので、ご相談はお気軽にどうぞ。
最新記事 by 名医認定協会 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*