美容整形の有名病院と人気ランキング
美容整形の有名病院と人気ランキング

人中短縮(鼻下短縮)の有名病院と人気ランキング

人中短縮(鼻下短縮)の効果とメリット

鼻の下の付け根から唇のピンクの部分までが15mmを超えると長いという印象を与えてしまいます。
美容整形における人中短縮(鼻下短縮)は鼻の下を短くする効果・メリットがあります。

別名では上口唇短縮やリップリフトとも表記されていますが、同じ手術です。

鼻の整形はバリエーションが豊富なので、効果・メリットを最大限にするためにも術式バリエーションの多い名医と医師選びが大切です。

こちらのページでは、人中短縮(鼻下短縮)の上手な医師とおすすめ病院をリストアップする上での名医の条件をご説明し、お問い合わせいただいた方には具体的な全国の医師をご紹介いたします。

美容整形を失敗したくない方はお気軽にご相談いただければ幸いです。

人中短縮(鼻下短縮)の有名病院と人気ランキング

人中短縮(鼻下短縮)のリスクとトラブル

人中短縮(鼻下短縮)にはリスク・トラブルがつきものです。

しっかりとしたインフォームドコンセントを行っている病院はごくわずかで、薄利多売的な美容整形が行われているのが現状です。

そのため、術後トラブルが後を絶えず、リスクを知らないままに治療を行っている方は非常に多いです。

人中短縮(鼻下短縮)のリスクとして代表的なものは、傷跡・後戻り・効果と変化が無い・ガミースマイル・小鼻が広がってしまうなどがあります。
技術が低い病院での手術が行われることで大成功と大失敗に分かれやすいので注意が必要です。

当相談所では、お問い合わせいただいた方に有名病院と人気ランキングをご紹介するとともに、リスクとトラブルについて解説をいたします。

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

人中短縮(鼻下短縮)のデメリットと後遺症

鼻形成術には、トラブルやリスクがつきものです。それは医師の技術的な問題もありますので、危険性や後遺症などの万が一の失敗の際に対処できるクリニックを選ぶことが大切です。

しこり|凸凹|鼻が高すぎる|鼻が低すぎる|シリコンプロテーゼの違和感|鼻先の変形|鼻底基部の変形|鼻閉|鼻水|軟骨が飛び出してくる|プロテーゼが飛び出してくる|自家組織が横に広がる|ポリービーク変形pollybeak|眉間が不自然でばれる|アバター感|鼻筋が細すぎる・太すぎる|感染|ヒアルロン酸の吸収|拘縮|ピンチノーズ

人中短縮(鼻下短縮)の名医と医師選び

有名病院や人気ランキングが必ずしも、技術が高い名医だとは限りません。

広告宣伝が上手なクリニックは確かに、人気かもしれません。

ただし、これでは人中短縮(鼻下短縮)の名医とは言えないので、全国の病院の中から手術別に最適な名医をリストアップいたします。

大切なのは病院・医師の技術力です。

人中短縮(鼻下短縮)のダウンタイムやアフターケアとメンテナンス

人中短縮(鼻下短縮)のダウンタイム期間中のアフターケアや術後のメンテナンスで手術の仕上がりは左右されます。

プチ整形の場合には数日程度、本格的な手術の場合には2~3週間程度がダウンタイムの目安となります。

アフターケアとメンテナンスがしっかりとできる病院は信頼できますし、カウンセリングである程度その対応の部分がわかります。
当相談所では、評判の良い病院を優先的にご紹介するとともに、失敗しないためのカウンセリングのコツをお問い合わせいただいた方にご説明しております。

ごく少数の病院ではありますが、しっかりとした病院では仕上がりをよくするクリームやお薬などを処方することもあります。

人中短縮(鼻下短縮)の料金・費用・値段の相場

人中短縮(鼻下短縮)の料金・値段・費用の相場は病院・クリニックにより千差万別です。

輪郭形成の美容整形は10万円未満のプチ整形もあれば、本格的な美容整形の場合には100万円を超える料金になることもあります。

医師の技術的な要素や手術のクオリティにによって変わりますので、お問い合わせの際にはご予算を明記いただければその中でできる限り技術の高い医師と病院をランキング致します。

当相談所では、全国のクリニックの中から、予算に応じた名医のご紹介をいたしております。

人中短縮(鼻下短縮)の修正地獄と失敗を避けるためには?

美容整形のオススメ病院と人気先生について解説しています。各手術が上手なオススメ病院・人気先生をランキングしてご紹介しています。

人中短縮(鼻下短縮)は鼻の下が長い方に向いている美容整形です。

人中短縮(鼻下短縮)でも後戻りや傷跡による修正・失敗も多いのが事実です。

失敗例としては、感染・後戻り・傷跡が目立つ・小鼻が広がる・効果が無い・バランスが悪くなるなどが有ります。

ただし、クオリティを求める場合には人中短縮(鼻下短縮)でもこだわった先生・病院を選択しなければなりません。
修正を避けるためには上手な先生・オススメ病院は限られます。

人中短縮(鼻下短縮)は皮膚だけの処理をしてしまうと
下記の様な失敗・修正例が想定されます。

・後戻り・効果が無い
・形成外科的な切開&縫合技術が低い事によるギャザー
・dog ear(ドッグイヤー)と呼ばれる傷跡の凸凹
・鼻翼縮小の経験者に行われる事で鼻翼が広がってしまう
・ガミースマイル
・上唇の中心部が分厚くなる
などが想定されます。

上手な先生・病院を選択しなければ失敗・修正の原因となりますので注意して下さい。

人中短縮(鼻下短縮)は多くの病院・クリニックが治療をしておりますが、こちらのご相談所には修正や失敗のご相談が多く来ております。

人中短縮(鼻下短縮)の有名・人気クリニックとは?

人中短縮(鼻下短縮)で人気クリニックは若返り・鼻の下が短くなる効果があると訴えかける様な広告を出している事が有ります。

ただし現実的に、人中短縮(鼻下短縮)の手術はきちんと治療出来ている先生が非常に少ないのです。

注意しなければならないのは、必ずしも人気のクリニックが技術が高く上手な訳ではないという点です。

人気クリニックは効率良く広告費をかけたり、安い金額設定で回転数を増やすなどのクリニック経営において優れている事は言えますが、果たしてそれが技術と直結するのでしょうか?

人中短縮(鼻下短縮)の症例写真

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

人中短縮(鼻下短縮)の上手な医師・医者とは?

人中短縮(鼻下短縮)が上手な医師・医者はまず、それぞれの手術・治療における学会研究を調べる必要があります。
安かろう悪かろうではいけませんから、料金・費用・値段でクリニックを決めてはいけません。

もし気になる医師・医者が居ればこちらのご相談所にお問い合わせください。
技術的な査定・評価を行います。

その際、併せて上手な医師・医者のご紹介も行っております。
失敗しない医師・医者を選択して頂く事が大切です。

人中短縮(鼻下短縮)のお薦めの先生・病院ランキング

人中短縮(鼻下短縮)を成功させるために、お薦めの先生・病院ランキングをご紹介いたしております。

人中短縮(鼻下短縮)の失敗を回避するために名医を選択しなければなりません。

ご相談窓口でお薦めの先生・病院ランキングをご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

The following two tabs change content below.
2万名以上のデータから美容整形の名医を認定しています。これから美容整形をお考えの方にとって役立つアドバイスをしていますので、ご相談はお気軽にどうぞ。
最新記事 by 名医認定協会 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*