美容整形の有名病院と人気ランキング
美容整形の有名病院と人気ランキング

Vトーシスの有名病院と人気ランキング


Vトーシスの整形の効果とメリット

リフトアップ効果を持つ美容整形には、色々な種類があります。
その中の1つに挙げられるのが、「Vトーシス」です。

この美容整形はメスを使わず、糸で皮膚をリフトアップする効果を持っています。
主にほうれい線や口元にできる、マリオネットラインの解消にVトーシスは用いられるようです。

耳の後ろなど目立たない部分から、針で糸を皮膚の中に挿入し引き上げます。
グッと皮膚が持ち上げられるので、大幅に見た目年齢を若返らせる事が可能です。

Vトーシスの有名病院と人気ランキング

Vトーシスの整形のリスクとトラブル

ダウンタイムも短くアフターケアもさほど必要ないVトーシスですが、失敗のリスクも考えておこなければいけません。
失敗のリスクとしては、皮膚が引き攣れた感覚がある、表情がつくりにくいといったケースが挙げられます。

このような失敗のリスクを下げるには、名医と言われるような医師による施術を受ける事が大切です。

名医であれば的確に施術を行うので、このような失敗のリスクを下げる事ができます。
当相談所では、お問い合わせいただいた方に有名病院と人気ランキングをご紹介するとともに、リスクとトラブルについて解説をいたします。

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

Vトーシスの整形のデメリットと後遺症

美容整形で技術が低いドクターに当たってしまうと、デメリット・後遺症がおこりえます。代表的なものを列挙いたします。

腫れ|コーンが外れる|凹む|外反|持続期間が短い|皮膚がよれる|異物感|三白眼|しみになる|シワが改善しない|左右差|脱毛|傷跡|段差|神経損傷による麻痺|しびれる|笑った表情が不自然|白目や角膜の損傷|リフトアップ効果がない|ほうれい線のたるみやしわが残る|感染|化膿|傷口開く|火傷|むくみ|アレルギー|糸が出てくる|糸が透けて見える|違和感|突っ張り|引きつり感|フェイスリフトの禿げ|表情が無くなる|耳の変形

Vトーシスの整形の名医と医師選び

有名病院や人気ランキングが必ずしも、技術が高い名医だとは限りません。

広告宣伝が上手なクリニックは確かに、人気かもしれません。

ただし、これではVトーシスの整形の名医とは言えないので、全国の病院の中から手術別に最適な名医をリストアップいたします。

Vトーシスの整形のダウンタイムやアフターケアとメンテナンス

しかし、メスを使わない美容整形ではありますが、やはりダウンタイムは気になるところです。
施術後は1週間前後、腫れや痛みが出るダウンタイムがあります。
この他に同じく1週間前後、内出血が起こるケースもあるようです。

Vトーシスを受ける際は、1週間ほどダウンタイムが出る事を考慮して、施術のタイミングを決めましょう。
ダウンタイム期間中に腫れや痛みが辛いと感じたら、少し冷やすアフターケアがおすすめです。

あまり冷やし過ぎてしまうと、施術部位の治りが遅くなってしまうので、冷やし過ぎには注意が必要です。
痛みが強い場合は、痛み止めを服用するアフターケアを行います。
皮膚を切開・縫合していないので、痛み止めだけで十分に効果的です。

アフターケアとメンテナンスがしっかりとできる病院は信頼できますし、カウンセリングである程度その対応の部分がわかります。
当相談所では、評判の良い病院を優先的にご紹介するとともに、失敗しないためのカウンセリングのコツをお問い合わせいただいた方にご説明しております。

ごく少数の病院ではありますが、しっかりとした病院では仕上がりをよくするクリームやお薬などを処方することもあります。

Vトーシスの整形の料金・費用・値段の相場

これらの他にきになるのが料金ではないでしょうか。
クリニックや麻酔の種類によっても変わりますが、平均して料金は10万円前後です。
メスを使うリフトアップは100万円程かかるので、リーズナブルな美容整形と言えます。

医師の技術的な要素や手術のクオリティにによって変わりますので、お問い合わせの際にはご予算を明記いただければその中でできる限り技術の高い医師と病院をランキング致します。

当相談所では、全国のクリニックの中から、予算に応じた名医のご紹介をいたしております。

Vトーシスの修正地獄と失敗を避けるためには?

美容整形のオススメ病院と人気先生について解説しています。各手術が上手なオススメ病院・人気先生をランキングしてご紹介しています。

Vトーシスは若返り・アンチエイジングの整形の一つです。

ゴルゴ線や法令線などの年齢とともに出てきてしまったたるみに対して効果を発揮いたします。

肌・皮膚が年齢と共に下がってきた方・顔にたるみやしわのある方・ハリやキメを出したい方などに向いている整形手術です。

こちらのご相談窓口では、Vトーシスを希望される方には、すべての選択肢から適切な治療が出来るクリニック・病院を優先的にご紹介するようにしています。

この手術をするのであれば、症例数が多いクリニック・病院を選択して、安全性を考え適切な治療選択肢に対応している病院・先生を選択しなければ良い効果は得られません。

Vトーシスは多くの病院・クリニックが治療をしておりますが、失敗・修正の例として毛髪生え際にエクボ状のへこみが出る・糸が出てくる・傷跡の段差や凸凹・変化や効果がない・ひきつれ・感染・神経麻痺・知覚鈍麻・痛み・つっぱりなどが報告されております。

Vトーシスを失敗・修正しないために、丁寧に時間を取って、麻酔の専門医をしっかりと付けて整形手術が出来るクリニックを選択しましょう。

失敗・修正を回避するために、

・麻酔科標榜医と執刀医はきっちりと役割分担できているか
・しっかりと安全性基準をクリアしているクリニック・病院を選択できるか
・十分な治療時間・アフターケアを行ってくれるか
※なんちゃってフェイスリフトでは短時間の皮膚だけの引き上げにより失敗してしまいます。
・SMASリフトやリガメントリフトが正しく出来るか
※一瞬、SMASやリガメントを触るだけの手術は持続力が無く、効果がありません
・傷跡に配慮して、極細糸を使用しているか。その際、形成外科的な縫合は出来るか
※ダーマボンドは楽だが、傷跡のクオリティが低くなる
・感染を防ぐために、ドレーンや抗生剤点滴を行っているか
・糸を使用する場合は安全性が高い材料のフェイスリフトか

などを基に、おすすめのクリニック・病院をランキングしています。

こちらの相談窓口ではVトーシスにおいては上記のリスクや失敗・修正を避けられる先生をご紹介いたしております。どの手術が適しているか、そしてそれぞれどのようなデメリットがあるのかを解説いたします。

若返りの整形には下記の様な失敗・トラブル・リスク・デメリット・後遺症・危険性がございますので、注意してクリニック・病院選びをしてください。

Vトーシスの有名・人気クリニックとは?

Vトーシスで人気クリニックはたるみやハリ・シワ・キメに長期的な効果があると訴えかける様な広告を出している事が有ります。ただし失敗・修正が相次いでいます。現実的にバストの整形手術を使いこなせている先生が非常に少ないのです。注意しなければならないのは、必ずしも人気のクリニックが技術が高く上手な訳ではないという点です。

人気クリニックは効率良く広告費をかけたり、安い金額設定で回転数を増やすなどのクリニック経営において優れている事は言えますが、果たしてそれが技術と直結するのでしょうか?

Vトーシスの症例写真

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

Vトーシスの上手な医師・医者とは?

Vトーシスが上手な医師・医者はまず、それぞれの手術・治療における学会研究を調べる必要があります。安かろう悪かろうではいけませんから、料金・費用・値段でクリニックを決めてはいけません。もし気になる医師・医者が居ればこちらのご相談所にお問い合わせください。
技術的な査定・評価を行います。

糸を使ったプチ整形によるフェイスリフトの種類を大きく分けると、下記の種類があります。

A.糸のタイプ別種類

1.トゲタイプ 2.コーンタイプ 3.ループタイプ 4.韓国針タイプ

B.糸の留め方別種類

1.フローティングタイプ 2.固定タイプ

C.糸の性質別種類

1.溶ける糸 2.溶けない糸

それぞれにおいてメリット・デメリットがあります。

様々な糸を使ったフェイスリフトの種類の中から、最適なものを診断できる病院・クリニックが良いので、最も安全で効果の高い治療を提案できる上手な医師・医者のご紹介も行っております。

失敗・修正をさけるためにも医師・医者を選択して頂く事が大切です。

Vトーシスのお薦めの先生・病院ランキング

Vトーシスを成功させるために、お薦めの先生・病院ランキングをご紹介いたしております。

Vトーシスでの失敗を回避するために名医を選択しなければなりません。ご相談窓口でお薦めの先生・病院ランキングをご紹介いたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

Vトーシスの効果・部位

Vトーシスは下記の部位・お悩みに対して効果を発揮します。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 口元 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

美容整形のおすすめクリニック|人気の病院ランキング

The following two tabs change content below.
2万名以上のデータから美容整形の名医を認定しています。これから美容整形をお考えの方にとって役立つアドバイスをしていますので、ご相談はお気軽にどうぞ。
最新記事 by 名医認定協会 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*